京楽家NEWS 6月2016年
京楽家   KYORAKUYA    - 京都・御所西 良い氣が満ちてるプライベート町家サロン
??????

京楽家NEWS 6月2016年



皆様、こんにちは(^^)

ご無沙汰しております。
5月号がとんでしまいましたが…

お元気でお過ごしですか?


もう今年も、6月なんですね(笑)

まさに 光陰矢のごとし。


私自身も、いろんな有難みをしっかり感じながら

せっかくいただいた、この有限の時間を

一日一日、大切につかわせて頂かないと

もったいないなあと痛感しています。




「将(おく)らず、逆(むか)えず、
応じて而(しか)して蔵(おさ)めず」


この、荘子の言葉を頭の中で繰り返すものの
表面を通り過ぎるだけで、
なかなか腹まで入れる事は難しいのですが

少しでも実践できるように、精進していきたいと思います。




日本では梅雨の季節がやってきますね。

簡単に申し上げると

「だるい、重い、胃腸の具合がよくない」

が起こりやすい時期です。



東洋医学では、湿気の多い時期の体調不良を引きおこす
大きな原因を「湿邪」と結びつけて考えます。 


脾胃が影響を受けるので、その結果


体がだるい、重い
食欲がない、胃が重いだるい
下痢気味、粘着性の便
むくみやすい
頭痛、関節痛
生理の量がふえる
口のなかなど、いろんなものがベタベタする
にきび、アトピーなど肌のじゅくじゅく化


などといった不調がでやすくなります。



「雨になると古傷が痛む」なんてことも聞きますね。

低気圧や湿気でむくむことにより血行が妨げられ、
なおったはずの傷跡や、痛みを感知する神経が
刺激されるために起こるといわれています。



対策としてはこの2点を意識しましょう☆


① 湿邪に負けない元気な体をつくる

② 体に余分な水分を溜めこまない




○ 適度に体を動かし、適度な汗をかく
○ 体は冷やさないように注意
○ 冷たいもの、余分な水分をとり過ぎない
○ 香りの良いもの、旬のものを食べる
○ 砂糖・甘いものや冷たいものはさける



この時期、職場や公共の建物、電車では
冷房がはいりだすので、特に女性は
お体を冷やさないように、ご注意ください。

また、ビールや冷たいものが美味しく
なる時期ですが、飲み過ぎると
だめですよ(笑)

普段のお茶はなるべく温かい、もしくは
常温で飲まれるようおすすめします。


梅雨に限らず、適度な運動をして
気・血、リンパ液の流れをよくし
体をあたため、滞りを減らすのは
元気な体づくりの為の、基本中の基本ですね。


でも、これらの当たり前の事が
日々の生活の取り入れるのって
けっこう難しいんです(^^;)

一度に、どれもこれも完璧には
無理なので

ちょっとづつ、出来る事から
習慣化していきましょう❤




また、ジメジメするこの時期には
アロマの力を借りるのもおすすめ♪

抗菌力で選ぶならこちら♪
カビ対策や、洗濯物、掃除にも使えます❤

ラベンダーとティーとリーはある意味万能選手ですね

他にも、ユーカリ、ペパーミント、ローズマリー
など
スッキリ系はこの時期、特に重宝します。



オレンジ、グレープフルーツ、レモン等の
かんきつ系は気分をリフレッシュするのに
ぴったりの香りですね♪


心と体の浄化には
フランキンセンス、ジュニパー、ローズウッド
いかがでしょうか?



アロマの香りを嗅ぐだけでも
実な色んな効果が期待できますよ♪

☆ 嗅覚
精油の有効成分が自律神経や
ホルモンのバランス、呼動などを
コントロールする脳に
直接 働きかけます。

☆ 呼吸
呼吸すると嗅覚からの伝達と同時に、
鼻から呼吸器・肺から血管系に入り
精油の有効成分が体内をめぐります。



精神的にもついつい、重くなりがちな
この時期を、自然の恵みや
古来からの知恵をかりて

なるべく軽やかに過ごしましょう


お読み下さりありがとうございますΛ(_ _)Λ

皆様にとって、すてきな初夏になりますように❤



「自分もまわりもHappyに。
皆で切磋琢磨しながら
嬉し楽しい気分を共有しましょう❤」


女性の皆さまの元気で楽しい毎日の為に

「身体と心のメンテナンス」をお手伝い致します。

**************************************


プライベート町家サロン(完全予約制)

京楽家 -KYORAKUYA-

facebook ページもございます
京都市上京区 御所西